相場よりも安い探偵。興信所の選び方、依頼方法と注意点。

探偵の依頼で相場よりも料金・費用・値段・金額が安いカラクリ

安い探偵

探偵の調査の値段や金額は、きちんと調査をやれば、それなりの料金・費用が発生するのは当然のことで、これはどの業界においても言えることです。
探偵社のホームページを見たら、相場よりもとても安い金額や値段で調査ができるということで魅力を感じて浮気調査を依頼した場合に、どの様な結果になるでしょうか?

 

  1. 問題なく調査が完了して結果が出た。
  2. きちんと調査をしているのかどうか?曖昧な結果でしかなかった。
  3. 調査の途中で、あれこれと追加料金を請求された。

 

 

1の場合は運が良かったと言えるでしょう。
安い料金で調査をして、いいタイミングで調査ターゲットが動いて結果を出せることも中にはあります。

 

2の場合は良くある例で、安い費用で調査をするとなれば人員や調査時間などを調整して調査をする必要が出てきます。中途半端で終わらせないと赤字になってしまいますので、どこかでごまかしが発生する可能性が高まります。

 

3の場合では基本的に調査はちゃんとやるけど、それには別途調査料金が必要になってしまう例と、後で高額料金を請求して利益を上げようとする探偵社です。とりあえず安い料金で依頼を受けてから、後で追加料金を請求するやり方です。

 

 

あたりまえの事ですが、いい加減なやり方をしないで適正な料金できちんと結果を出すのであれば、それなりの相場の調査料金は必要です。

 

 

探偵の依頼で、相場よりも料金・費用・値段・金額が安いカラクリは、必要な調査ができるだけの人員や時間を使わずに手抜きをしたり、後で追加料金を請求すればいいやという大ざっぱな考え方があるからです。

 

調査料金が安すぎる業者には、依頼をする前に調査の内容やオプションがどのような扱いになっているかを確認するようにしましょう。

 

 

調査料金を安く表示して、オプションで一般相場料金になる探偵社もあります。

 

これは、結果的に見れば相場の金額になるわけですが、そのような値段表示をすることに抵抗を感じるのであれば検討対象から外すということも探偵社・興信所の選び方です。

 

浮気調査の適正料金・相場について