自分で調査をする時の注意点。探偵社の選び方、依頼方法と注意点。

自分で調査をする時の注意点

自分で浮気調査

自分で探偵の様な調査をすることも可能です。
ただし、デメリットもあるため十分な注意が必要です。

 

最近では、携帯電話やスマートフォンなどの普及でGPS機器が身近になりました。GPS端末の移動状況を確認するなどの簡単な調査を、自分で行う人が増えています。


自分で調査をするメリットとデメリット・注意点

自分で調査をするメリット
自分でできる調査をやることで、探偵社や興信所の調査依頼時の費用を節約することが可能です。

 

調査ターゲットの普段の行動パターンや立ち寄り先の情報を得て、探偵社に提供することで調査がスムーズに運び、調査にかかる日数や時間を短縮できる場合などがその例です。

 

 

自分で調査をするデメリット・注意点
情報収集は探偵に依頼した時の調査に役立ちますが、調査ターゲットに調査していることがばれた場合、探偵や興信所の調査に支障をきたします。

 

調査ターゲットが警戒心を持ってしまうため、尾行中に何度も後ろを振り返ったり、様々な回避行動をとることなどが代表例です。

 

これだと、本職の探偵でも調査要員を増やしたり回数を細かく分けて調査をしないといけない状態になります。

 

結果的に、リスクの多い調査になってしまい調査費用も余計に必要になります。

 

 

どうしても自分で調査をするのでしたらターゲットに知られない範囲で行い、早めに専門家である探偵に調査をゆだねるべきでしょう。